今年一番の旬はSIMフリー!! どこが一番安くて速いの?契約は簡単なの??

【衝撃的事実】億万長者は格安SIMを使っているですよ!

LINEで送る
Pocket

まーくんです。

連載の続きが遅れていて申し訳ございません。(>_<)

今日は連載の続きではなく、私が日頃からお世話になっているあるお方からいただいたメッセージです。

ちなみに、このお方は億万長者です。

億万長者は、格安SIMを使うことは当たり前だとおっしゃっている衝撃的事実を語ったメッセージを、今回は特別にお見せしようと思います♪

以下、億万長者の方からのメッセージをそのまま掲載しますね。^^

 




 

自分自身の収入と支出を知る事が億万長者への極めて重要な要素になります。
億万長者はこの事をしっかりと理解しています。

収入の内訳を知り、または今後その収入がどうなるのか?という分析。

そして支出の内訳を知り、今後どのように支出が増加(減少)するのか?

その際の資産はどのようになっているのか?ということを知りましょう。

(支出を分析する)
支出を分析する際は、収入のように単純に合算してはいけません。支出は大きく二つに分類していきます。
一つは「固定支出」もう一つは「変動支出」です。

ただし、固定費と変動費についてはしっかり分けてほしいところですが、食費・雑費などの項目はある程度ざっくりで問題ありません。

またクレジットカードでお買い物をすることも多いかと思いますが、カード利用分は支払い日ベースではなく、使用日(カードを使った日)をベースにして計算します。

(固定費をチェック)
固定費は毎月固定的に支出するお金です。代表的な物として下記のような費用をあげています。

固定費の項目 金額
家賃 100,000円
勉強費用 40,000円
生命保険料 30,000円
駐車場代 15,000円
月々のローン返済 20,000円
固定費用合計額(2) 205,000円

(変動費をチェック)
変動費は毎月使用額が変動する費用です。下記のように項目を分けていますが、そこまで厳密日にチェックする必要はありません。金額がはっきりわかればOKです。

変動費の項目 金額
食費 70,000円
交際費 30,000円
光熱費+水道代 10,000円
通信費 20,000円
雑費 20,000円
変動費用合計額(3) 150,000円

費用の合計額を算出する
これは簡単ですね。(2)と(3)を加えるだけです。上記の例なら下記のようになります。

総費用(4):355,000円・・・(2)+(3)

以上で、収入と支出(固定費+変動費)の計算が終わりました。
ざっくりでもかまいません。

(収支のバランスを分析・診断する)
聞いた事があると思いますが
「キャッシュフローの状況」
「収支の固定比率」が重要な要素です。

キャッシュフローは黒字ですか?赤字ですか?

まずは、キャッシュフローが黒字か赤字かを計算しましょう。

キャッシュフローというのはお金の流れのことです。
キャッシュが現金、フローが流れ。

1カ月単位でどれだけお金が残っているのかという計算です。

収入-(固定費+変動費)
となります。例のAさんの家計の場合

423000-(205000+150000)=68000円
とキャッシュフローは黒字になっています。
この計算におけるプラスのキャッシュフローはいいかえると「家計の余力」と言い換えることができます。

このキャッシュフローが赤字ということは、家計は預金や資産などを削りながら生活していることになります。

もちろんライフステージによってはキャッシュフローが赤字になるのがやむをえない時期があります。

若い時期に長期にわたって家計のキャッシュフローが赤字という状態は家計に赤信号が灯っていると思ってください。

(収入に対する固定比率を計算する)
(固定費÷収入)×100=固定比率(%)
となります。例のAさんの家計の場合

205000÷423000=48.46%となります。

支出において固定費というものは、なかなか減らしにくい項目の一つなのです。

よく家賃は収入の3割に抑えなさいといわれることもあるかと思いますが、家賃という大型の固定費が収入の大部分を占めていた場合、万が一の際にお金を作ろうと思っても中々削ることができないからです。

できる限り小さい方が家計的には健全といえるでしょう。Aさん家計の場合50%を下回っているので、まあ合格点というところです。

ちなみに、「固定費・変動費」を改善をするのは最も効果的な部分です。

よく、年商1億だ!と言いながら、キャッシュフローがマイナスの人を何人も見てきました。

売上が1億円あっても支払いが1億2千万円ある方もいます。

大事なのは規模の大きさや年商を見るのでなく、キャッシュフロー全体を見る事です。

この固定費を自分で見て理解しましょう。

まずはお金を作る為に固定費を節約し作るのです。

まっ、それなりにやる気がある人は身内に借りてきて勝負をしますがね。

それと似て借金があるといいながら意味のないことにお金を使い続けています。

飲み方、デート、タバコ。などなど。

携帯電話の基本料金も削れます。

これらは各キャリア(docomo、au、softbankなど)からさまざまな割引サービスや料金プランが 次々に発表されていますので、たまに見直すことです。

でもなんか複雑でわかり難いので、各キャリアの店舗に言って「もっと安いプランに変更できませんか?」と聞いてしまうのが手っ取り早いかと思います。

いちばん節約効果があるのは、やはり「格安SIM」「格安スマホ」にすることですね。

これであれば驚くほどスマホ代を節約できるはずです。

今の時代LINEやメッセジャーなどのSNSで全て完結できます。

携帯を持たないといけないと言う固定概念はいりません。

車を持っているならそれは維持費が掛かり負担になるので売ってしまいましょう。

ある程度の車ならそれで元本もできますしね。

まっ車はフェラーリ、ランボルギーニ、レンジローバー以外に車は日が経つごとに価値は薄れ、資産価値は無くなります。

フェラーリ、ランボルギーニ、レンジローバーは買った時より高く売れる事がよくあります。

そして住宅ローンを払っている方は、その見直しによって、利息の支払いを少なくして総支払額を少なくする。

家賃であるなら住む地域や利便性などを再考慮することにより、月々の支払いを少なくする。

税金の見直し方、まずは自分が支払っている額を知る、税金を少なくする方法を探す。

住宅ローン控除、ふるさと納税制度などを利用してみる。

新聞代・週刊誌代・月刊誌代などは適正か?惰性で買っていないか?

毎月費用が発生する月会費物は、本当に必要か考えてみる。月々払っているアプリの解約など。

「最低限支払わないといけない」物以外は、全部削って下さい。

そしたら月に5〜10万は貯まります。

飲み方の社交辞令なんてのに付き合う必要はありません。

デートで今の自分のスペックで頑張るくらいなら、スペックを上げて向こうから言い寄ってくるようにすればいいだけ。

かっこつけてもダメです。

そんなギリギリで女の子を口説くなら、自分のスペックを上げて選べる様にした方がいいと思います。

そして成功したいというのに、軍資金を作ろうともしていません。

激しい妄想やイメージだけ先行しても成功できないと言うことを忘れたらダメです。

イメージは確かに大事であり、そのアフェメーション効果は凄い力を持っています。

ただそれだけで終わってはダメです。

今やるべき事は、収支を見て、現在の収入源からマイナスされる金額を削りまくることが第一です。

飲み、付き合い、一時的な趣味の我慢。

これらを乗り越えるとお金が少しずつ貯まり始めます。

なのでまずは自分が払っているけども、なくとも別に困らない物は全て排除していくのです。
きっと無駄な物に消費していた事がわかります。

 




 

以上、まーくんからでした♪

 

またです☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメSIMランキング
U-mobile(ユーモバイル)
U-mobile
格安SIMオススメNo.1は絶対にココです!!
DTI mobile
DTI SIM 半年間無料キャンペーン
安心・安定を求めるならココにキマリ!!
株式会社DMM.comラボ
DMMmobile
あの有名なDMMもSIM業界へ進出!
最近のコメント