今年一番の旬はSIMフリー!! どこが一番安くて速いの?契約は簡単なの??

管理人が今現在のSIM環境に至るまで

LINEで送る
Pocket

ここでは、私が今現在のSIM環境に至るまでの経緯や検討時のトピック等をお届けしたいと思います。

SIM環境に至るまでの経緯

今、空前のスマホブームが世界中で起きていることは説明の余地はありませんよね?

その中で特に人気のスマホといえば、”iPhone” であることもご存じの通りです。
※韓国はSUMSUNG(サムソン)だということを知っていますよね?

私も根っからのiPhoneユーザーですが、実はiPhoneデビューは遅くてiPhone4sからとなります。

こう書いてしまうと、そんな私がこのサイトでiPhoneコーナーなんて作ってしまうとiPhone3からの根強いiPhoneフリークの方から怒られてしまいそうですが、その点はどうか穏便にお願いしますww

iPhoneデビューが遅かったということで、Android(アンドロイド)を使っていたのかというと、実はSIMフリー機として新規購入したことがAndroid初デビューとなります。

つまり、私のスマホデビューは後発組なのです。

そんな私がこのようなサイトを運営するのもどうなんだろうと思われてしまいそうですが、実はiPhoneを持つ前まではWILLCOM(ウィルコム)のスマートフォン相当の端末を長く使用していたのです。

ここで、スマートフォン相当と述べたのは、その当時はまだスマートフォンという単語が世間になかった時代だったので、あえて “相当” という言葉を足してみました。

WILLCOMのスマートフォン相当という端末は、SHARP(シャープ)のW-ZERO3というもので、これらの端末にはWindows Mobileがインストールされていました。

ですので、私はその当時からメールはgmailで統一化させていたり、テザリング相当の使い方をしていました。
※ここでも相当を使っているのは、スマートフォン同様にテザリングという言葉も当時はなかったからです。

当時は、モバイルでgmailからメールを送る人なんてほとんど居ませんでしたので、よく友達や会社の同僚からは、「まーくん、ずっとパソコンに張り付いてるよね?」って言われたものです。

実際は、今と同様にあちこちに移動しまくっていて、移動先からメールを送っていたのです。

そんなこともあり、当時から通信費はかなり節約していました。

スマホよりもWILLCOMの方が通信費は遥かに節約できていましたし、何よりもSHARPのW-ZERO3は、名機でして小型なのにブラインドタッチ相当のキー入力が実現できていたのです。
※今はフリック入力に慣れましたので、高校生ほどのスピードは出せなくても、そこそこ文字入力スピードには自信がありますが、それでも当時のモバイル環境での入力スピードには構わないと思います。

つまり、私は次の2点により、WILLCOMからiPhoneへの乗り換えを躊躇していたわけです。

① 通信費
② キー入力

ビジネスマンにとっては、両方のコストを抑えることは重要だと考えていました。
※キー入力スピードが遅いことはコストが嵩(かさ)む要因になります。

よって、スマホデビューは遅いのですが、自画自賛するのも何ですが、私はかなりのモバイル通だと思います。^^;;

まあ、やっぱり一番の理由は、iPhoneの通信コストが高いため、なかなかスマホに切り替えることができなかったというのが本音の部分ではあります。

おそらくこの記事を読まれているあなたも、DoCoMo/au/SoftBankのキャリアメーカーに支払う月額使用料の高さをなんとかしたくて当サイトに辿り着いたのではないでしょうか?

やはりスマホは潜在的に家計を逼迫(ひっぱく)していると言っても、過言じゃないのではないと私は思うのです!

WILLCOM時代は、本当にモバイル通信コストを最大限まで抑えることが出来ていたと思います。

そんな私が待ち望んでいたものが、SIMフリーです!
まさに、WILLCOM時代の通信費大幅コスト削減と、快適なモバイル通信環境も実現させることができるものが、
≪SIMフリー≫
なのです!!
当サイトをジックリと読み込んでいただき、あなたもコスト削減と最適モバイル環境をゲットしてくださいね☆

SIM環境導入の検討トピック等

では、以降からは私が今現在のSIM環境に至るまでに様々な観点で検討した結果をトピックでお届けしたいと思います。

私のスタイルに合った最強のモバイルスタイルを実現させるためには、どうすればよいのか?

そのためには、まずは自分自身のビジネススタイルを整理する必要があります。

まずは、現状分析をしました。
≪私の現状のビジネススタイル≫
——————————————————-

◇◆◇◆◇◆◇ 前 提 ◇◆◇◆◇◆◇

・平日は客先でのシステム開発、
平日夜と土日でネット事業を展開
・客先では、客先のネットワークを利用
平日夜と土日のみモバイル環境が必要
・平日夜と土日のモバイル環境が
必要な時間は、作業時間の約50%

⇒ モバイル環境に必要な作業時間を算出し、
利用シーン(*1)を想定した上で最適な
機器構成を導き出す必要がある!

*1 : カフェでの作業、電車移動中での作業 等
【モバイル時間算出】

注)私はここで自分自身のモバイル環境の利用時間の算出を行っていますが、
  時間での従量課金制度はパケット制限とは直接的な関係がないため
  疑問を持たれる方もいらっしゃることと思います。
  この理由は、本章の末尾に私なりの見解を述べさせていただいておりますので、
  お読みになっていただければと思います。


[平日]自宅作業:  3時間/日
[休日]自宅作業: 10時間/土日
————————————
小計: 25時間/週


[平日]移動時間:  1時間/日
————————————
小計:  5時間/週

(①+②)×4週
合計:120時間/月

上記の時間の50%がモバイル作業時間となるため、
60時間/月のモバイル環境を想定する必要があります。
月60時間ということは、ざっと8日間(※7~8Hr/日を通常勤務と想定)は
モバイル環境が必要ということになります。
パケットの場合、通話時間のような従量課金ではないので、その作業は一見無駄のように思われがちですが、私はより具体的な作業イメージをして、それに適したモバイル環境を手に入れたいので
このような作業時間の算出は何をやるときにも必ず行っています。
このことで、月額費用が発生する通信費に対して無駄な経費とならないことを自分自身が意識するようになり、時間管理を徹底化させることができるようになりますよ。

是非、あなたもやってみてください♪
つまり、この作業時間の算出作業は、定量的な検討を行うものではなく、あくまで定性的な要素が濃いのですが、無駄なSIMやアンマッチなSIM導入を防ぐことができると考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメSIMランキング
U-mobile(ユーモバイル)
U-mobile
格安SIMオススメNo.1は絶対にココです!!
DTI mobile
DTI SIM 半年間無料キャンペーン
安心・安定を求めるならココにキマリ!!
株式会社DMM.comラボ
DMMmobile
あの有名なDMMもSIM業界へ進出!
最近のコメント